2016年08月18日

9月3日 親子ネット関西 交流会

平成28年9月度の親子ネット関西の交流会を下記の日程で開催したいと思います。

8月の小田切紀子先生のご講演会には多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。
今後も、色んなカタチでの交流会を考えてます。

*参加費:500円
(頂いた参加費は、運営費に当てさせて頂きますので、どうかご理解ください。 )

2016年9月3日(土) (第一土曜日の午後より毎月開催予定)
13:00〜16:00 第4会議室
16:30〜18:30 第1会議室
(今回は会場の都合で、休憩をはさんで、部屋を移動します。)

クロスパル高槻(JR高槻駅すぐ横)
こちらのリンクをご覧ください。

*終了後、懇親会も予定しております。


離婚、別居時の親子の面会交流についての情報交換、個々の気持ちに向き合うためのワークが主な内容になっております。

よろしくお願い致します。
posted by 親子ネット関西 at 22:21| Comment(0) | イベントのご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月14日

小田切紀子先生講演会「離れて暮らすこと家族と子供たちとの交流について」感想3

前回に引き続き、講演会で寄せられた皆様からのご感想を紹介します。

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
東京の講演会も参加させていただき小田切先生の話を二度聞かせて頂き
理解が深まったと同時に現状の問題と理想とかけ離れている社会のあり方を
残念に思う次第です。将来日本も海外諸国と同じように早くなれるよう希望します。小田切先生にはこれからも頑張っていただきたいと思います。
ありがとうございました。
PS:当事者の私達自身も考え方や気持ちのあり方を学び続けていかなければ
   ならない問題ですね。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
アメリカでの親子の関係に対する考えと日本の家裁での実情を見るとこの国の異常性を痛感します。調査官との交流がおありでしたらその辺をもっとお話しいただければと思います。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
以前、半田での講演会に参加させて頂きました。
当時は面会交流不履行が続きとても辛い時期だったと記憶しています。
先生のお話を聴きフレンドリーペアレントルールが日本にもあるといいのになと、思いつつ一筋の希望を見出していたように思います。
あれから数年経ち、私も息子と十分な時間を過ごす事ができるようになり
親子の関係も出来てきましたし、ハーグ条約の加盟や明石市長の活躍など
世の中も少しずつ変わってきています。でも未だに新たな当事者が不十分な
制度により苦しめられている事を感じます。制度による不満に目がいきがちですが先生のお話は「子どもの最善の利益はなにか?」という視点が中心なので
大切な事を思い出させてくれます。「お子さんはどう思ってるんでしょうね?」
という視点を多くの方が忘れずに持てたら悲しい争いや引き離しも減るのかなと思いながら聴いていました。今後も様々なところで先生のご活躍を見る機会が増えたら嬉しいと思います。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
難しい問題だと思いますが大事な事だと思います。
いろいろ大変なことも多いと思いますが頑張って下さい。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
質疑からでしたが考えさせられました。
特に自分(達)が何をすべきかとか。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
当事者との質疑応答の時間が多くて良かったと思います。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今回ご紹介する感想は以上です。
参加者の皆様、ありがとうございました。
また機会がありましたら、このような勉強会を開催していきたいと思います。

次回の定例会は9月3日の予定です。
詳細が決まりましたら、改めてご案内いたします。
posted by 親子ネット関西 at 19:37| Comment(0) | イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小田切紀子先生講演会「離れて暮らす家族と子どもたちとの交流について」感想 2

前回に引き続き、講演会で寄せられた皆様からのご感想を紹介します。

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
フレンドリーペアレントルールは画期的で素晴らしい判断基準だと思っていましたがDVや虐待の実証などまだまだ整備すべき課題が多い事が分かりました。
親権者を決定する判断基準として「継続性の原則」がありこの原則により
子供を連れ去った親が親権を勝ち取ることになります。
この「継続性の原則」だけでなく、子供を連れ去った原因、別居となった原因
でっちあげDVなど虚偽の主張なども親権者決定の判断基準に加える事も必要だと思います。本日は貴重なお話をして頂きありがとうございました。
大変勉強になりました。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
別居親の立場からのご意見がありとても嬉しく思いました。
子供の立場からの気持ちも聞く事が出来てよかったです。
日本の裁判所や弁護士も面会について変えていこうという意識が必要だと実感しました。日本でも監護親がかたくなに拒否したとしても別居親が会うのが
当り前という方向に裁判所自体が変わってもらいたいと思います。
明確なガイドラインを作っていただきたいと思いました。
質問に答えて頂いてありがとうございました。
ここまで丁寧な勉強会は今迄経験した事がなかったです。
大変充実した内容だったと実感しました。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
フレンドリーペアレントルールについて現状を説明して頂き理解が
深まりました。今後立法化に向けて運動していきたいと思います。
ソーシャルネットワークの概念について新しい概念に心強く、
非常に子どもにとっても大事な概念家族の基礎となる概念であると
思いました。戦前からの古い家族意識が社会に依然にして残っており法律も
改革できていない。現状の社会に適応できるように法律、判決や意識改革が
必要であると感じます。その為に今後は考えを同じくする人達と運動したいと
思います。拉致家族会も最初は誰にも相手にされませんでしたが進んでいます。
辛抱強く運動していけば大きな社会の流れに乗ると思います。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・
今日は先生とディスカッションできる時間をとって頂いて良かったです。
講演だけでは理想とする概念的な話になりがちですので特にディスカッションをとる時間を沢山とって頂いた事はありがたいと思います。
ただ個人の質問の相談会となり、もう少し整理して質問をするなどの対応を
促すなどして欲しかったと思います。
・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今回ご紹介する感想は以上です。
今回の講演会では、先生とのディスカッションの場も設けられ、満足度の高い会になったと思います。
あと1回、ご感想の続きを紹介予定です。
次回の定例会は9月3日の予定です。
posted by 親子ネット関西 at 19:02| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする