2017年01月10日

1月7日 交流会&新年会 無事終了しました&今回の話題

こんにちは。
離婚・別居で離れて暮らす子供たちとの絆とは何かを考える親と祖父母のグループ・親子ネット関西です。
先日1月7日土曜日、今年最初の交流会は総勢11名のご参加を頂き無事に終了いたしました。
懇親会も兼ねて新年会も実施し、日頃の悩みの相談や近況報告などで盛り上がりました。

次回も2月4日(毎月第一土曜日)に高槻で開催予定です。
「子供と離れて暮らしているけど、相手親の反対で子供と面会させてもらえない」
「面会交流の調停をしているけど、なかなか話がまとまらない」
「最近、子供とはこんな面会交流をしたよ」
などなど、別居親ならではの悩み事を語り合えたらと思います。
初めての方のご参加も毎回あります。
メンバーにはDVや家庭問題に関わる支援者や別居親歴約10年のベテラン(!)もいますので、何らかのアドバイスも出来る…かもしれません。

さてさて。
今回話題に上りましたのは、「学校帰りの子供に話しかけたら、逃げられてしまった」という話題。
調停の真っ最中や面会交流の不履行などで、全く子供と会えない状況の親が、わりと最終手段的に用いるのが「待ち伏せ(というのも、ちょっと言葉悪いんですけどね)」。
もちろん、子供に会いたい、元気な姿を一目見たい、できれば子供と言葉を交わしたいという一心からの行動なのですが、往々にして親の姿を見た瞬間に子供が逃げてしまうのです。
これは、まさにメンバーの何人かが同じようなことを経験していました。
よくよく聞くと、友達が一緒だと逃げてしまうとか、家が近かったとかそういう状況では逃げてしまったけど、1人で(あるいは親友と)いるときには言葉を交わせた、別居親が嫌われていて避けられていたわけでもなかった、というケースもありました。
確かに子供の立場で考えても、平日の午後にここにいるはずのない別居親がいきなり話しかけてきたらビックリしてしまうでしょうし、この状況を友達にどう説明したらよいかわからないからとりあえず逃げよう、ということにもなるかもしれません。
その一方で、そういう形の交流でうまくいっている親子もいることは確かなので、「待ち伏せ」という方法が必ずしも悪いとも言えません。(その場合は「待ち合わせ」というのでしょうか。)
しかし、「待ち伏せ」をせざるを得ない別居親の気持ち、子供の驚きやそれを知った同居親の不信感などを考えると、そうしなくても良い状況になると一番良いですよね。

充分な親子の面会交流、両親間の信頼関係ができるようになれば、そんな「待ち伏せ」をしなくても良くなると思いませんか。


posted by 親子ネット関西 at 15:10| Comment(0) | イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。