2017年06月04日

6月3日 講演会「面会交流が円滑に行われるために」&交流会 無事終了しました。

先日の交流会では、親子ネット関西では「離婚・面会交流コンサルタント」のしばはし聡子さんの講演会が行われました。

しばはしさんはシングルマザー、つまり同居親の立場での経験を踏まえ、面会交流の支援をされています。
今回の参加者はほとんどが別居父の方であり、しばはしさんのお話は本当に興味深い一方で、別居親のココロに鋭く触れる場面もあり、元パートナーとのコミュニケーションのあり方を振り返る機会になりました。

色々な話題がありましたが、いくつかポイント(すぐにできそうなもの)をご紹介しますね。
・面会交流をさせたくないと思っている同居親に、例えばハーグ条約とか片親阻害の話を出されたり、「連れ去りは悪です」とか「正論」を言われても、拒否してしまいます。正論をぶつけるよりも、まずは相手の気持ちに寄り添う一言をかけてみましょう。
(別居親としては確かにそう言いたくなる状況ではあるのかもしれませんが、例えば学校とか職場でも自分の受け入れがたい正論を言われても、拒否感しかない場面ってありますよね。でも、そんな中でも大変だったね、とか言ってくれる人がいると嬉しくないですか?そんな感じなのかも。)
・相手親へのメールは「ありがとう。次は何日にお願いします。」など、お礼と短いメッセージにしておくのが有効です。お礼を言われてイヤな気持ちになる人はまずいません。あと、相手親を「クレームの多い取引先」だと思っておくのが良いでしょう。
(あんまり長いメールでくどくど苦情言われるのも、イヤですよね。逆の立場ならそんなメール即削除したくなりませんか。)

しばはしさんのお話を伺って、「傾向と対策」というコトバを思い出しました。
受験でもそれは大切なことでしたが、子供との面会交流がスムーズにできるようになるには、まず相手親のして欲しいこととして欲しくないことを知り、頑ななココロが少しでもほぐれるようにコミュニケーションをとっていく事が大切なのかもしれません。
離婚や別居に至った経緯は人それぞれで、相手の行動や考えも色々ですが、同居親のおおまかな「傾向」を知り、別居親も「対策」を練っていくのが良いのかもしれないですね。

そんなしばはしさんも、離婚当初は面会交流に後ろ向きな考えを持たれていたそうで、子供さんも父親のことには触れてはいけない、と感じていたようです。
しかし「このままではいけない」と思い立ち、子供さんの為に面会交流を始めたそうです。
そして、子供さんは面会交流を通して父親と触れ合うことで成長を見せてくれたり、父親に育児の相談をしたりと、今ではなかなか良い感じの関係になっていらっしゃるとか。
なんと羨ましいことでしょう。
最後に「面会交流をするようになって、良いことばかりです」と力強くおっしゃって頂けたのは、とても心強いことでした。

しばはし聡子さんのサイトをもう一度ご紹介しますね。
HP: http://www.rimusubi.com/
アメブロ: https://ameblo.jp/rimusubi/


さて、来月の親子ネット関西では、バーベキュー大会を予定しています。
決まりましたらまたお知らせします。
posted by 親子ネット関西 at 21:07| Comment(0) | イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。