2016年11月06日

11月5日 交流会無事終了しました。

こんにちは。離婚や別居で離れて暮らす親子の絆を考える、「親子ネット関西」です。
今月も総勢約15名の参加を頂き、無事に交流会終了いたしました。
今回も初めての方の自己紹介、おなじみの方の近況報告などで会は進みました。

毎回「初めての方」がいらっしゃるのですが、今回は3名の方が初参加でした。
数年前に比べて明らかに「お初参加率」が上がっています。
3組に1組が離婚に至ると言われる時代ですから、それだけ親子の断絶が多いということなのでしょう。
愛する子どもと突然引き離されること、調停や裁判で受ける更なるダメージ、それらのショックによる心身の不調は経験者でないとわからないこともたくさんあります。
まずはそういう辛さを吐き出せる場であること、そしてみんなの話から解決への手がかりが掴める場であるといいな、と思いました。
次回も第一土曜日にお待ちしています。

あと、来月はクリスマス特別企画としまして、大阪の子ども食堂さんとのイベントを計画中です。
12月23日に予定しております。ご協力頂ける方、こちらもよろしくお願いします。

posted by 親子ネット関西 at 22:09| Comment(0) | イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

12月 街頭で啓蒙イベントやってみませんか? 《10月15日まで 参加者募集!》

先日も書きましたが、離婚・別居後の親子のあり方や親子断絶防止法について、マスコミやネットで取り上げられる機会が増えています。
ですが、「まさか自分が子供(親、孫)と会えなくなるなんて夢にも思わなかった!」という方も多いですし、今や夫婦の3分の1が離婚に至ると言われ、誰もが決して他人事ではない問題になっています。

以前は当会でもこの問題を広く知っていただくために、街頭啓蒙イベントを行っていました。
天王寺動物園や海遊館など、親子連れの集まるスポットで風船やメッセージカードをプレゼントし、皆様から好評を頂いてきました。
メンバーも子供さんの笑顔にたくさん元気を頂いていました。
最近は街頭活動は休止中ですが、この機会に再開してみたいという声も上がっています。

時期は12月、会費は一人当たり約3000円程度を考えています。
但しある程度の人手と費用が必要なため、20名以上の方にお集まり頂けない場合は中止とします。

御協力頂けるという方は、10月15日までに代表 山中までメール頂けますようお願いします。
maxa_jxoxo@yahoo.co.jp


詳しくはFacebookページをご参照ください。
posted by 親子ネット関西 at 20:47| Comment(0) | スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

10月1日 交流会 無事終了しました!

毎月恒例となりました、親子ネット関西の交流会も無事行われました。
今月も10数名の参加があり、和気藹々とした会になりました。

最近では親子断絶防止法、芸能人も離婚で子どもと会えなくなる例があることなどがマスコミでも取り上げられることが増え、会の発足当時(もう7、8年くらいになるでしょうか)に比べても、親子引き離し問題が広く関心を集めるようになってきたのを感じます。

また、最近は女性当事者の参加も増えてきています。
ネットでは「妻に子供を連れ去られ、それっきり子供と会えなくなった」というような例が多くアップされています。
それを読んだ男性が、先に別居時に子供を囲い込んでしまうということも増えているということでしょうか。
もはや別居親イコール男性、という図式は成り立たなくなっているということも感じます。

また、祖父母の立場の方の参加も増えています。
少子化や共働き夫婦の増加の影響もあるのでしょうか、大切に慈しみ育ててきた孫たちに会えない寂しさ、親子引き離しに心を傷める我が子を案じる気持ちが伝わってきます。

大切なことなのでもう一度言います。
もはや、離婚で子どもに会えないのは父親だけの問題ではないのです。

参加者の皆さんの自己紹介や近況報告の後は、味沢さんのワークです。
毎回「家族」や「夫婦」などに関するキーワードに沿って改めて考え、みんなと共有するというものです。
当然考え方は男女でも違うし、それぞれ個人でも全く違うものだったりします。
価値観はみんなそれぞれで色々あるということを知り、それを踏まえた上で元パートナーとのやり取りに繋げていくことができたら、離婚や別居後の共同子育てにも少しは役立てることができるかもしれません。

来月も第一土曜日に高槻でお待ちしています。

posted by 親子ネット関西 at 20:45| Comment(0) | イベント記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする